学生カードを使ってお金を借りるときのポイントは

専門学校生や大学生になると、高校生のときに比べて活動範囲が広がるので、その分、たくさんのお金が必要になります。

親の仕送りやお小遣いだけでは足りないので、アルバイトをしている方もあるでしょうが、それでも足りないときには、学生カードを利用するようにしてください。

学生専用ローン会社に申し込めばすぐに作ってくれるので、いざというときは役立てるようにしましょう。

学生カードを使ってお金を借りるときのポイントは、低金利かどうかということなので、まずは複数社の金利比較をすることが大切です。

金利が高いローン会社を利用すると、ただでさえ少ない学生の収入では、途中で返済に行き詰まる可能性があります。

返済期日を一日でも過ぎると、延滞利息金が加算されてしまうので、余計な利息を支払わなければならないので注意するようにしましょう。

途中で払えなくなって、親に泣き付くようなことだけはしたくないでしょうから、これからお金を借りることを考えている学生は、事前に金利を調べることを怠らないようにしてください。

 

元ブラックでお金を借りるための信用回復の実績づくり

債務整理や長期の延滞などを起こしてブラックリストに入ると一定期間はお金を借りることはできません。

その期間は最短で5年、自己破産となると10年近く、新たにお金を借りることができなくなります。

ブラックリストは信用情報機関における事故扱いの情報を指しますが、一生残ることはありません。

先の例にもあるように5年から10年で、ブラックリストは解消されます。

そんな元ブラックで信用情報機関がまっさらの状態になった場合でも、今度は実績づくりが必要になってきます。

事故や延滞の履歴がある場合でも審査は難しいのですが、その逆に履歴がない場合も通りにくいことがあるのです。

実績づくりとは比較的に契約しやすいローン契約などで履歴をつくり、信用を積み重ねていく方法です。

言わば、もう一度信用をつくっていく訳です。

携帯電話の機種代金の分割払い、IC決済サービスのポストペイ型のカードなど信用情報機関が関連する契約は多いものです。

こうした契約で信用を積み重ねていくことで元ブラックでも、新たな借り入れができるようになります。

信用を損なった過去の情報が載っていたのも利用履歴であれば、確かな信用をみせることができるのもその履歴にあるのです。

金融業者からお金を借りる時に年会費はかかるか

業者からお金を借りる時には、年会費が発生する場合があります。

例えばクレジットカードなどの場合は、その会費が有料になっている事がしばしばあるのです。

いわゆるゴールドと呼ばれるタイプの場合は、会費が有料な商品も多いです。

しかしそれも金融商品によって様々です。

例えばカードローンなどの場合は、年会費が無料の商品もいくつか見られます。

金融業者としても少しでも多くの方々によって融資サービスを利用してもらいたいので、あえて会費を無料にしている業者もあります。

お金を借りるとなると、利息が発生します。

その利息による利益がありますので、金融業者としては敢えて無料にしている事もあります。

ただし「全て」のカードローンで、その会費が無料という意味ではありません。

例えばカードローンの中には信販系の商品がいくつか見られますが、中には会費が有料になるものもあります。

上記のクレジットカードと同じく、ゴールドなどという名称が付くと会費が発生するパターンが多いです。

 

お金を借りるけど解約のデメリットってある?

消費者金融で借り入れをして一括返済をしたり、毎月コツコツと返済を続けて完済すると、完全に借金は清算されますが契約している消費者金融との契約は続行しているため、その時の融資1回限りの契約ではなく完済後もお金が必要になったときは新たにお金を借りることができます。

したがって完済後に消費者金融との契約を解約したいのなら解約の手続きを行わなけれななりませんが、一度解約してしまうと後日お金が必要なったときに再度契約を結ぶ必要があります。

また、同じ条件でお金を借りることができない場合もあるので、解約する前によく考えてから手続きを進めることをおすすめします。

契約をそのままにしておいても会費も維持費も掛かりませんが、最後に借り入れをしてから3年程度で契約が無効になるケースがほとんどです。

契約を続行したい場合は定期的な借り入れと返済をしておくと契約を保持することができますし、限度額なども優遇されるというメリットもあるのです。

キャッシングでお金を借りる:カードが届くまでの時間

手持ちのお金が足りなくなったときに、急な出費が必要になったら困りますよね。

そんなときには、消費者金融などが提供しているキャッシングでお金を借りることも考えてみてはいかがでしょうか。

キャッシングでは、ATMを使って、ご自分の銀行口座からお金を引き出す感覚でお金を借りることができるため、いつでもどこでも簡単に借り入れができて便利です。

キャッシングを初めて利用する場合には、まず、消費者金融等への申し込みが必要です。

それぞれの会社の店舗にある自動契約機などで申し込みができますが、最近では、PCやスマートフォンでも申し込みができます。

キャッシングへの申し込み、及び、契約が完了すると、キャッシングカードが発行されます。

ATMで借り入れを行うときにはこのカードが必要で、インターネットで申し込んだ場合には、カードが届くまで一週間程度待つ必要があります。

一方、自動契約機で申し込んだ場合には、カードがその場で発行されるため、カードが届くまで待つ必要がありません。

お金を借りるための窓口は複数用意されている

消費者金融会社のキャッシングサービスに申し込んで無事に契約手続きが終了すれば、実際にお金を借りる手続きを行うことになります。

ほとんどの消費者金融会社では、お金を借りることができるの窓口を複数用意しています。

お金を借りられる窓口としてまず挙げられるのは、有人店舗です。

有人店舗は営業時間が決まっていますが、店内にいるスタッフに相談しながらお金を借りることができるので便利です。

最寄りに金融機関やコンビニエンスストアがある場合は、店内に設置されているATMからお金を借り入れることが可能です。

ATMは、若干の手数料がかかりますが、24時間いつでも取引ができます。

土曜日や日曜日、祝祭日にお金が必要になった場合は最も便利な窓口です。

近年は、インターネット上にも窓口を設置している消費者金融会社が多いです。

インターネット上からのお金を借りる手続きは、消費者金融会社に振込予約をして、お金を金融機関の口座に振り込んでもらう形になります。

振込予約をしてから振込が実施されるまでの所要時間は、最短で数十秒、最長で予約日の次の営業日となっています。

お金を借りるならスピード審査の消費者金融が速い

消費者金融はお金のピンチや急に資金が必要になったときに、すぐにお金を借りることができるのでとても頼りになるものです。

銀行カードローンは、借り入れまでに数日~1週間ほどかかる場合も多いのですが、消費者金融はスピード審査、スピード融資が可能でもあり、今すぐにお金を借りたいという人にはとても便利に利用できます。

最短の審査時間としては最短30分となっており、どの消費者金融も審査時間に大きな差はないでしょう。

スピード審査といっても申込者の情報や混雑状況によって審査の回答までの時間は変わってきますので、30分以内に回答を受け取れることもありますし、数時間かかってしまう場合もあります。

審査をクリアできれば本人確認などの書類を掲示しなければいけませんが、借入額が50万円を超える場合は収入証明証の掲示も求められます。

よって審査の回答から1時間程度余裕をみて申し込みをすると良いでしょう。

ネット上で申し込めば全て指1本で完結できるので、スムーズにお金を借りることができます。

自動契約機を用いてお金を借りる方法

お金を借りる方法の1つに、自動契約機があります。

街を歩いていると金融業者の無人契約機を見かける事がありますが、あの場所では融資を受ける為の申し込み手続きを行う事ができるのです。

どのような流れになるかと言うと、まず自動契約機の近くに設置されている申込書に対する記入です。

年収や勤務状況など、様々な情報をその書面に記入していく事になります。

そして書面を、契約機の所定の箇所にセットします。

すると金融会社に対してその書面が送られて、しばらく待機する事になります。

待機をしている間に、審査が行われている訳です。

審査が完了すると、申込者に対してその結果が通知されます。

審査で問題がなければ、融資の為に必要なカードが発行される事になります。

それを用いてお金を借りる事ができるという流れです。

なお自動契約機は、ネット申し込みと連動している事もあります。

事前にネットで申し込みを済ませておいて審査に通過しておき、その契約機でカードを受け取る事も可能です。

お金を借りるときの利息について

銀行ローンや消費者金融でお金を借りるときは、必ず借りた金額に応じた利子も支払わないといけません。

特に消費者金融は、銀行よりも審査が緩い分、利子が高い傾向にあります。

しかし、この利子も法律で上限が定められており、その上限額以上の利息を設定することは違反になります。

この法律のことを「利息制限法」と呼び、この法律に基づいて消費者金融や銀行の利子の額が決められています。

利息制限法では、10万未満のお金を借りた場合は、年利20%以内と定められており、10万以上から100万以上の元本の場合は、年利18%で100万を超える場合は、年利15%までになっています。

この法律は、家族や友達などの個人でお金を借りるケースでも適用されます。

借用書に年利50%のような高額な金利を記載していても、法律違反になりますので、無効になります。

ただし、利息制限法以内の金利分は有効になるため、借用書に無利子で貸すなどの記載がなく、返済期限が設けられていたり、利子を支払う旨の記述があれば、一定額の金利を支払う義務は発生していきます。

金利の比較で分かるお金を借りる会社の審査の難易度

審査の難易度に直結する数値が金利です。

金利が高くなるほど易しく、低くなるほど厳しくなる傾向があります。

なぜ、金利によって難易度が変わるのか、それは与信度で比例するためです。

与信度というのは信用の度合いです。

属性によって返済能力が高く信用度も高いとなれば限度額は高くなり、金利も低くなります。

また、同じ希望金額で申し込んでも、信用度の高い人は審査の結果により低い金利でお金を借りることが可能です。

金利の比較によって、審査の難易度が分かり、お金を借りることができる会社が把握できるのです。

端的な例が消費者金融と銀行です。

利息制限法の範囲内であっても、消費者金融は上限近くで設定しています。

これに対して銀行は数%低い範囲に金利水準があります。

つまり、この金利の差こそ審査の通りやすさを示すもので、求める返済能力の高さと一致しています。

その他、ネットバンクなどは消費者金融と銀行の中間的な難易度があり、初めてお金を借りる方にはおすすめの業態です。

初めてでも安心してお金を借りることが可能です

ひと昔前は消費者金融というと怖いイメージがあったり、暴力団と繋がっているのではないかというイメージもありましたが、最近の消費者金融はユニークなテレビのCMや、有名芸能人を起用したCMが増えてとても親しみやすいものになりました。

一度でも利用した経験があるなら安心してお金を借りることができますが、初めての方は消費者金融そのものが怖いと感じている人もいるでしょう。

しかし消費者金融はとても良心的で対応も丁寧ですし、返済が遅れてもヤミ金のような怖い取り立てにあうことはありません。

当然、借りたお金を返すことは世の中のモラルでもあるので、万が一滞納したらハガキが届いたり、催促の電話もかかってくることはあります。

お金を借りる人のほとんどが経済的に困っている方でもあるため、スタッフも親身になって相談に乗ってくれますし、多少の融通もきいてくれるので安心して利用することが可能です。

初めて借り入れをする人にとっては様々な不安を感じてしまうものですが、一度利用すると丁寧な対応に拍子抜けするといったケースもよくあります。