お金を借りるときの利息について

銀行ローンや消費者金融でお金を借りるときは、必ず借りた金額に応じた利子も支払わないといけません。

特に消費者金融は、銀行よりも審査が緩い分、利子が高い傾向にあります。

しかし、この利子も法律で上限が定められており、その上限額以上の利息を設定することは違反になります。

この法律のことを「利息制限法」と呼び、この法律に基づいて消費者金融や銀行の利子の額が決められています。

利息制限法では、10万未満のお金を借りた場合は、年利20%以内と定められており、10万以上から100万以上の元本の場合は、年利18%で100万を超える場合は、年利15%までになっています。

この法律は、家族や友達などの個人でお金を借りるケースでも適用されます。

借用書に年利50%のような高額な金利を記載していても、法律違反になりますので、無効になります。

ただし、利息制限法以内の金利分は有効になるため、借用書に無利子で貸すなどの記載がなく、返済期限が設けられていたり、利子を支払う旨の記述があれば、一定額の金利を支払う義務は発生していきます。

金利の比較で分かるお金を借りる会社の審査の難易度

審査の難易度に直結する数値が金利です。

金利が高くなるほど易しく、低くなるほど厳しくなる傾向があります。

なぜ、金利によって難易度が変わるのか、それは与信度で比例するためです。

与信度というのは信用の度合いです。

属性によって返済能力が高く信用度も高いとなれば限度額は高くなり、金利も低くなります。

また、同じ希望金額で申し込んでも、信用度の高い人は審査の結果により低い金利でお金を借りることが可能です。

金利の比較によって、審査の難易度が分かり、お金を借りることができる会社が把握できるのです。

端的な例が消費者金融と銀行です。

利息制限法の範囲内であっても、消費者金融は上限近くで設定しています。

これに対して銀行は数%低い範囲に金利水準があります。

つまり、この金利の差こそ審査の通りやすさを示すもので、求める返済能力の高さと一致しています。

その他、ネットバンクなどは消費者金融と銀行の中間的な難易度があり、初めてお金を借りる方にはおすすめの業態です。

初めてでも安心してお金を借りることが可能です

ひと昔前は消費者金融というと怖いイメージがあったり、暴力団と繋がっているのではないかというイメージもありましたが、最近の消費者金融はユニークなテレビのCMや、有名芸能人を起用したCMが増えてとても親しみやすいものになりました。

一度でも利用した経験があるなら安心してお金を借りることができますが、初めての方は消費者金融そのものが怖いと感じている人もいるでしょう。

しかし消費者金融はとても良心的で対応も丁寧ですし、返済が遅れてもヤミ金のような怖い取り立てにあうことはありません。

当然、借りたお金を返すことは世の中のモラルでもあるので、万が一滞納したらハガキが届いたり、催促の電話もかかってくることはあります。

お金を借りる人のほとんどが経済的に困っている方でもあるため、スタッフも親身になって相談に乗ってくれますし、多少の融通もきいてくれるので安心して利用することが可能です。

初めて借り入れをする人にとっては様々な不安を感じてしまうものですが、一度利用すると丁寧な対応に拍子抜けするといったケースもよくあります。